H29年 3年
2017年10月12日(木)
稲刈り 初体験

 5月にビオトープ横の田んぼに植えた苗が大きく育ち、本日稲刈りを行いました。
 こどもたちは、鎌の使い方の注意や、稲の刈り方、刈った稲のまとめ方などの説明を聞き、田んぼに入りました。取り合うように稲を刈り取っていました。「ざくっざくっ」といい音を立てながら、次々に稲を刈り取り、あっという間に終了してしまいました。まとめた稲は1週間ほど干して乾燥させ、脱穀して、精米していきます。その後、収穫祭ということで、餅つきをしておいしくいただく予定です。田んぼに落ちている稲も大事に集めました.
 これまで大事に育ててくださった、エコネットのどんぐりお兄さんや福嶋さん、堀さん、ボランティアの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
今後も、お世話になります。

2017年10月5日(木)
秋の体験学習

 県立歴史博物館とこども歴史文化館に行ってきました。
 「遠足じゃなくて体験学習だから、いっぱい勉強するぞ!」と話す子どもたちの姿が見られ、こちらが確認したいことを
しっかり心得ている様子で、安心して出発しました。

 最初は、県立歴史博物館で、昔の農業の道具や昭和の暮らしについて学習しました。こどもたちは、5月に田植え体験をし、最近では歴史物の書物にはまっているので、興味津々の様子!道路が舗装されていなかったり、お洗濯やテレビを見るのにも一苦労だったりしたことを、実物を見ることで、感じ取ることができたようです。
 その後、幾久公園で昼食をとり、ひと遊びしてこども歴史文化館へと移動しました。
 こども歴史文化館では、白川文字学の漢字の世界と南部陽一郎さんの科学の世界の説明を聞いたり、ゲームをしたりしました。また、福井の先人・偉人について知るクイズウォークラリーでは、コインを入れてガチャガチャを回して、出てきたクイズに挑戦しました。子どもたちが大好きな活動なので、大盛り上がり!班で協力して活動する必要もあったので、相談しながらがんばりました。
 今回の学習を3学期の社会の学習にも生かしたいですね。

2017年9月8日(金)
森づくり教室 inエコネットさばえ

 今回、エコネットさばえのどんぐり先生と環境アドバイザーの日ノ岡先生に、森をまもることと温暖化防止について教えていただきました。子どもたちは、「木を切るのは悪いこと」というイメージを持っているため、手入れをする「間伐」のために木を切ることが大切だということに驚いていました。紙芝居で、森の荒れが土砂崩れや食べ物不足、さらに動物たちのすみかをうばうことになる事を知り、森をまもろうという意識も高まったようでした。
 また、木はおいしい空気のもとになることを知り、自分でも木を植えて、緑化したいと考える児童もいました。
 後半は、間伐した木でつくられた積み木の香りを楽しみ、積み木遊びも楽しみました。
 今後、どんぐり拾いやどんぐりの苗を育てる活動が展開される予定で、子どもたちも楽しみにしています。

2017年9月7日(木)
めがね会館にて

 鯖江の地場産業である「めがね」産業について、めがね会館にて体験学習を行いました。
 まずは、2階の工房でめがねのストラップづくりを行いました。やすりをかけるのに苦労しながらも、好みの形になるように、きれいに仕上がるように機械とにらめっこしながらがんばりました。
できあがったストラップを、友だち同士見せ合ってうれしそうにしていました。
 また、体験のあとは1階の博物館で、めがねの歴史についてお話を聞きました。最初は虫めがねのようだったことや、鯖江で全国の95%ものめがね枠を生産していることに驚くとともに、誇らしい気持ちになったようでした。
 今回の経験から、さらに「めがね」産業や鯖江の産業に関する興味が高まってくれればと思います。

2017年6月9日(金)
総合「ビオトープの生き物@」

 総合の学習では、ビオトープに生息する生き物についての調べ学習を行っていきます。
 まず、今日はビオトープを探検し、どのような生き物がいるのかをたくさん探しました。ザリガニやメダカ、スギナやヒメジョオンなど生き物や植物を観察して記録しました。子どもたちは、あちこち探したり、みんなに報告したりで大忙しの様子でしたが、さまざまな発見があって、とても楽しそうでした。
 次は、今回見つけた生き物を図鑑で調べていきます。

2017年6月1日(木)
英語体験

 今日は、東陽中学校のALTのステファニー先生に英語の授業をしていただきました。
 今回は、形・色・数字の英語の言い方を教わりました。どの子も色の英語の言い方は知っているようでしたが、形がなかなか覚えられずに苦労していました。
 一通り学習したあとは、形と色と数字がセットになったカードを黒板に貼って、ステファニー先生がいったカードを当てるというゲームをしました。子どもたちは、ステファニー先生のリアルな英語の発音を一生懸命に聞いて、大盛り上がりでした!
 3−2の子どもたちは、給食も一緒に食べて、外国のことや日本の好きなところなどたくさんのことを質問して交流を楽しみました。
 次回も楽しみにしましょう♪

2017年5月30日(火)
ドキドキの田植え

 総合の学習で、学校のビオトープ横の田んぼで田植えを行いました。
 始める前から、「転んだらどうしよう。」「足が抜けなくなるんじゃないか。」「田んぼの中はどんな感じがするのだろう。」と、胸をドキドキさせていました。
 はじめに、エコネットの方から江戸時代の田植えの様子を教えていただきました。次に、田んぼに行き、田んぼにつけた十字のあとに、手で苗を植えることを教わり、さっそく田んぼに入りました。
 今までに経験のない泥の感触に驚き、足が抜けずに苦労している様子でした。コツをつかんだ子たちは、次々に十字の部分を探して、苗を植えていました。
 植え終わると、近くの溝で足の泥を落としました。暑い日だったので、泥の中や水の中がひんやり冷たく気持ちよさそうでした。
 感想を聞くと、「泥の中は気持ちよかった。」「昔の人は大変な仕事をして米を作っていたとわかった。」「これから大切に育てたい。」「秋、収穫するのが楽しみ。」という声がたくさん聞かれました。
 貴重な体験をわすれず、食べ物のありがたさなどを感じてほしいですね。

2017年5月26日(金)
遠足

 春の遠足では、3・4年生合同で、いしかわ動物園と辰口丘陵公園へ行きました。
 いしかわ動物園では、たてわり班で行動しました。特に、昨年オープンしたトキの里山館で紹介された、トキの生態に感動していました。また、オランウータンがブランコに乗ったり、アシカがショーをしたりする姿にも感動した様子でした。
 午後は、辰口丘陵公園でお弁当を食べ、約2時間すべり台やボール遊びなどで、学級や学年の仲間と交流を深めました。心配された天気も、なんとか持ちこたえてくれ、本当に楽しい遠足になったようです。

2017年5月12日(金)
体育大会の練習

 いよいよ体育大会の練習が本格的にスタートしました。
 3年生は100m走と大旗リレー、中学年リレーに出場します。
 とにかく走って走って走って・・・!並ぶ順番もしっかり覚えて、今日は4年生と合同で練習しました。
 来週はバトンパスをがんばるぞ!