「惜陰」の由来 時の過ぎゆくことを惜しみ 努力する

大禹聖者乃惜寸陰 至於衆人當惜分陰

大禹は聖者なるもすなわち寸陰を惜しむ 
衆人に至りてはまさに分陰を惜しむ
「晋書」陶侃伝



648年,中国の「晋」の時代に正史130巻が編集された。
その中に陶佩(とうかん)という武将により上の文(いましめ)が作られたと記されている。





このページのトップへ